一度しかない、中学3年の夏。

萩出身の先輩による「しごと図鑑」を体験して

進路選択の先にある未来を描こう

【対象】萩市の中学3年生
2020年8月30日(日) 13:00-15:30 
Zoomで参加 or 萩明倫学舎から参加
Produced by
萩大志館

東京遊学オンラインとは?

​オンラインの教室に、萩出身の先輩が続々登場。

「そんな仕事があるのか」「そんな働き方があるのか」

​人生の選択肢を広げる、特別な150分

出演する先輩

巨大IT企業

​グローバルな仕事

​女性起業家

​萩を愛する女性社長

​テレビ・新聞・PR

テレビ・新聞・広告制作の仕事

インバウンド

​萩と海外を観光でつなぐ仕事

美容師

萩・東京で活躍する美容師

萩の事業家

萩で新しい働き方をする人達

同じ萩で生まれた先輩は、

どこで生きることを選び、

どんな仕事をしているのか?

なぜその働き方を選んだのか?

​萩をどう想っているのか?

​いろんな変化が起きた、今年だからこそ、

中3の今だからこそ、

聞く価値があるはずです。

ドキドキのオンラインイベント!

みんなで誘いあって、参加しましょう。

参加方法は2つ

どちらか選んで参加してください。

①自宅からネット参加(Zoom)

②萩・明倫学舎の特設会場に来る

今のところ②が多いです。

①でも大丈夫。当日までに準備を手伝います。

​申込締め切り

2020年8月23日まで受け付けます。

申込みはLINEかメールから

STEP1

お父さん・お母さんのLINEで​「萩大志館」アカウントを友達に追加してください。

(LINEアイコンをクリックするか、下記QRコードを読み取る)

コメント 2020-08-19 084242.jpg

STEP2

以下の3つを、メッセージで送ってください。あとは返信をお待ちください。

1.生徒氏名 2.保護者氏名 3.参加方法(自宅から参加 or 明倫学舎に行く)

※参加方法は申し込み時点で想定されている方法で構いません。

​ コロナの状況や学校関連行事に応じて、直前まで変更できるよう対応致します。

※LINEで申し込みができない場合は、同じ内容をメールで

info@hagitaishikan.jp」宛に送信してください。

わからない点(イベントの内容や参加方法、Zoomの使い方など)は、

​LINEもしくは上記メールアドレスまで、ご連絡ください。

萩出身のスタッフが、丁寧にお返事します。​

メディア掲載について

本企画の内容・参加者名・当日の模様について、

萩市内外のメディア(行政広報・新聞・テレビ等)

および萩大志館のホームページに掲載される場合があります。

承諾いただける方のみ、お申込みください。

企画者からのメッセージ

来年はいよいよ高校受験ですね。中3の夏、進路が決まる頃だと思います。

その選択の、さらに先に、どんな人生を描くのか?どこで生き、どんな働き方をするのか?・・・それはまだ、ぼんやりとしているかもしれません。

「東京遊学オンライン」は、萩の中学3年生のためだけに用意した「150分のしごと図鑑」です。皆と同じように萩に生まれた先輩方の、いろいろな仕事、生き方に触れることで、ぼんやりしている人生がクッキリし、選んだ進路を、より力強く進んでほしいと思っています。

オンラインで慣れない子は、明倫学舎に来るだけで大丈夫。出演もスタッフもみーんな萩っ子やけえ、安心して参加してください!

井関隆行(​萩大志館 代表理事  御許町出身)

​東京遊学オンラインは

「東京遊学ツアー」のオンライン版です。

​去年ツアーに参加した、1つ上の先輩の声を参考にしてください。

はじめまして。先輩。

初めての名刺交換。

相手は​みんな萩出身。

​広がる視野。高まる視座。

同じ街に生まれた先輩の、

​見たことのない仕事。

考えもしなかった生き方。

​知らなければ、選べない。

萩の外を知ると、

萩のことがわかる。

​選ぶために、知ろう。

小さな背中、大きな変化

萩に生まれた、自覚。

未来を選ぶ、意志。

​高校受験を前に、芽生えるもの。

Haru Utsunomiya

東京に行って外の世界を見たことで、もっとたくさんの世界を知りたいと思うようになりました。

​前回参加者の感想

Gaku Imachi

学んだ知識、思いやりの心を、過疎化が進んでいく萩市の活性化につなげ、何らかの形で自分が萩に貢献できたらいいなと強く感じました。

Mihagi Kamada

​これからきっと多くの同級生は萩を出ていってしまうと思います。だから、萩を外から支えるのは彼らに任せて、私は内側から支えていきたいと思いました。

Misa Ichihara

たくさんのお話を聞いていくうちに、萩ってすごい、萩のためになる仕事をしたい、と思うようになりました。

Miyu Tosaki 

仕事内容の話はもちろん、生きていくうえでの考え方についての話も聞くことができ、とても良い経験になった。

Yukimi Nomura

萩の外に出ることで、今まで知らなかった萩の良さを知り、何ができるかを考え、より萩のためになることができると思います。

Rin Yoshimoto

都会を見た今、萩に目を向けて、両方をよく知った上で、将来を決めていきたい。

心はもと活きたり、活きたるものには
必ず機あり、機なるものは触に従ひて発し、
感に遇ひて動く。発動の機は周遊の益なり

心はもともと生き生きしており、

活躍するきっかけを待っている。
そのきっかけは何か心に触れて発動し始める。
旅こそは、

大いなる心の発動のきっかけを与えてくれるものだ。

吉田松陰「西遊日記」序より

そのふるさと愛を集めて事業をつくる

​一般社団法人 萩大志館